子犬の要求吠えのしつけはコレで解決!状況に応じた要求吠えの原因と対策を伝授!

子犬は成犬に比べると無邪気で好奇心が旺盛、さらに良いことと良くないことの判断ができない状態がほとんどなので、要求吠えのしつけや対処法が難しいと感じていませんか?

今回は子犬に特に多い要求吠えのパターンと原因、要求吠えを少なくしていくためのしつけトレーニングや対処法をわかりやすく解説!

子犬のすくすくとした成長を安心・楽しみに見守って支えていくために、飼い主さん必見の子犬の要求吠え対策をぜひ参考にしてくださいね。

子犬によくある要求吠えのパターンとそれぞれの原因!

子犬は鳴くのが当たり前だと感じていても、その鳴き声が要求吠えなのか他に原因があるのか、判断が難しいと感じた経験はありませんか?

ここでは子犬によくある要求吠えのパターンやシチュエーションと、それぞれの気になる原因を一緒に見ていきましょう。

ケージに入れられると吠える要求吠え

子犬を迎え入れた最初の頃は、様子を見ようとケージの中でしつけをすることもあるのではないでしょうか?

ケージを子犬にとっての落ち着く場所だと慣れさせていくためのしつけであっても、子犬は新しい環境に不安や恐怖を覚え、閉じ込められたケージから出してほしいと要求吠えをすることがあります。

子犬をケージに入れた際の要求吠えは、すぐに出してしまうと「たくさん吠えるとケージから出してもらえる」と子犬が間違った学びをしてしまうため、吠えてもかまわないようにして、要求吠えをしない落ち着いたタイミングで出してあげるようにしましょう。

催促や構ってほしいときに吠える要求吠え

子犬の要求吠えは多種多様な理由・パターンがあり、

ポイント

  • ごはんを早く食べたいという催促
  • 遊び足りない、散歩に行きたいという欲求
  • 抱っこや撫でてほしい、構ってほしいという欲求

が高まっている際に要求吠えを繰り返すことがあります。

さらに子犬は、要求や催促が叶えられ、自分が満足すると「間違った報酬」になってしまうことがあり、より要求吠えをくり返すようになります。

基本的に要求吠えに関しては「かまわないこと」が正しい接し方になります。

子犬の要求吠え対策!子犬の状況に応じたしつけトレーニングを学ぼう

子犬の要求吠えは、子犬それぞれの行動パターンや性格など、状況に応じたしつけ策が基本になります。

ここでは子犬の性格や行動パターン、性格別に押さえておきたい、状況別を対処法としつけトレーニングを解説していきたいと思います。

子犬が興奮で要求吠えしている場合は放置してみる

子犬が興奮してはしゃぐ姿は、飼い主さんも落ち着かせようとつい気持ちが焦って、過剰に構ったりおもちゃやおやつをあげて甘やかしてしまうことがあるもの

ですがこうしてしまうと子犬は要求吠えをするたびに「吠えると自分の欲求が叶えられる」とワガママな性格に変わってしまう心配があり、飼い主さんへの負担も大きくなります。

子犬が興奮して要求吠えをしている際には、前向きな意味での放置や無視(かまわないこと)をして、子犬が落ち着くまでじっと待ってみるようにしましょう

子犬の興奮による要求吠えは、成犬に比べるとまだまだ体力が低い子犬にとってたくさんのエネルギーを使うので、一定時間の無視や放置で疲れを感じ、落ち着きを取り戻すようになります

おすわりをさせながら要求吠えをしつけていく

子犬におすわりをさせながら要求吠えをなくしていくしつけトレーニングは、吠えるよりも落ち着いておすわりをした方がいいことがあると子犬に学習させる目的があります。

子犬がおすわりをしたらゆっくりと褒め、そこで吠えないようにやさしい声掛けをしながら、おすわりのままの状態を褒めて認めてあげることをしましょう。(ガシガシと荒っぽく褒めるのではなく、ゆっくりと落ち着きを促すように褒めるのがポイント)

このしつけを繰り返すことで、子犬はおすわりをした方が吠えるよりも飼い主さんがやさしくしてくれると学び、おすわりによって落ち着きを取り戻すこともできるようになります

いつも同じパターンで要求吠えする子犬にはリズムを変えて対処

ドックフードをあげたり、散歩に行く時間など、子犬が決まったシチュエーションで要求吠えする場合は、あえていつもとは違った行動・生活リズムを変えてしつけを取っていく方法が効果的です。

いつも規則正しい行動パターン、生活リズムが身についている子犬の場合は、飼い主さんの行動パターン、こうしてくれたらああしてもらえる的なパターンを先読みして要求吠えしていることがあります

ワンパターンの行動や生活リズムを変えて要求吠えを未然に防ぐために、

ポイント

  • ごはんの時間を1~3時間前後にずらしてあげてみる
  • リードを手に持っても散歩にすぐに行かない
  • ごはんをあらかじめ冷蔵庫に用意しておく

という行動を取ってみるようにしましょう。すると子犬は、要求吠えても飼い主さんは何もしてくれないと学習し、徐々に素直で従順な状態を取り戻していくようになります。

~おわりに~

子犬の要求吠えの対策、日々のしつけトレーニングは、子犬がどんなシチュエーションで鳴くことが多いのか、そのパターンと気持ちを汲み取ることに意識を向けていくことが重要なポイントになります。

子犬の要求吠えは、早いうちに適切なしつけトレーニングや対処をしておかないと、成犬になってからもこのクセが直らなくなる心配があります。

要求吠えしやすいパターン、シチュエーションをもう一度じっくり見直しながら、子犬と飼い主さんに安心で快適な環境を手に入れてくださいね。

「自分と愛犬にあった効果的なしつけトレーニングをやりたい!」

という方は、ドッグスクール東京DOGSでもしつけトレーニングをやっておりますので、お気軽にご相談ください!^_^

店舗見学、お問い合わせは無料です。

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング

無料のLINEお問い合わは下のボタンをタップ!

東京DOGS公式HPは下のボタンをタップ!

人気記事ベスト3

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 1

ゆうとこんにちはドッグトレーナーのゆうとです! 今回は愛犬の食糞の改善方法について解説していきます! 保有資格:日本警察犬協会公認ドッグトレーナー、ジャパンケネルクラブ公認ドッグトレーナー 愛犬の食糞 ...

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 2

ゆうとこんにちは! 東京DOGSドッグトレーナーのゆうとです! 今回は現役プロドッグトレーナー として活動している、僕が思う「良いドッグトレーナー の選び方」をお伝えしていきたいと思います! よろしく ...

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 3

ゆうとこんにちは。 ドッグトレーナーのゆうとです! 東京、埼玉を拠点に警察犬、家庭犬のしつけトレーニングをしています! 保有資格:警察犬協会公認訓練士 JKC公認ドッグトレーナー 実績頭数:3000頭 ...

© 2022 東京DOGS 褒める犬のしつけトレーニング Powered by AFFINGER5

Call Now Button