【プロドッグトレーナー監修】犬のしつけは遊びがすべて!?犬との遊び3つの方法と注意点を解説

愛犬のしつけはときに厳しい声掛けやコマンドをかけることがあるので、飼い主さんと犬が楽しみながらできるしつけは理想に感じますよね。

犬のしつけには実は、遊びながら教えられる方法がいくつもあり、愛犬の成長や本来の利口さを取り戻せる嬉しいメリットがあるんです。

今回は遊びながらできる楽しい犬のしつけ3選と、意外に見落としてしまうことが多い注意点を合わせた情報をわかりやすく解説していきます!

遊びながらできる愛犬のしつけ!3つの方法をマスターしておこう

犬が本来持つ従順さや賢さを引き出す、遊びながらできる3つのしつけ。

ここでは今日からさっそく試してほしい、飼い主さんも楽しみながら愛犬とコミュニケーションを取れる、遊びながらできる3つのしつけをまとめてご紹介します。

1.本能を満たし頭を使う遊びのしつけ

お散歩時間が物足りない、もっと美味しいフードが食べたい…。

愛犬は飼い主さんが思っている以上にたくさんの欲求を抱く生き物でもあります

愛犬の本能を満たしてあげるしつけには、

ポイント

  • 紐やおもちゃをもって引っ張りあいっこをする
  • おもちゃをおいて「持ってきて」とコマンドを出す
  • おもちゃを隠して探させる

という遊びながらできる内容となり、愛犬の頭を使わせることでさまざまな事柄を学べるようになります。

要求吠えがクセになっている愛犬でも、このような遊びのしつけは本能を満たしながら運動発散によりストレスを解消させ、脳の運動にもなるいくつものメリットがあります!

遊びながらできる犬のしつけその2「ちょうだい」のしつけ

愛犬との遊びによくあるおもちゃを与える・引っ張り合う・隠して探させる方法は、どれも「ちょうだい」をマスターさせておくことが基本になります。

「ちょうだい」のしつけは、愛犬の意識を他のことに向けさせて、お散歩中によくある事故やケガ、他の犬や飼い主さんへの威嚇を予防できる目的もあります。

遊び感覚で犬がすぐに覚えられる「ちょうだい」のしつけは、

ポイント

  • 引っ張り合いをある程度してから動かす手を止める
  • おやつやおもちゃを鼻先に持っていって犬が噛んでいたものを離したら、別のおもちゃやおやつを与えて「ちょうだい」と伝える
  • 飼い主さんはおもちゃやおやつを背中側に隠して、「いい子だね」と褒め、犬が落ち着いたタイミングで再度おもちゃやおやつをあげる

という3つの流れになり、この遊びしつけの繰り返しで「ちょうだい」の感覚や流れを愛犬は掴めるようになります!

遊びながらできる犬のしつけその3愛犬の名前をつけたおもちゃを持ってこさせる

おもちゃをいくつか用意し、そのどれかに愛犬の名前をつけたものを持ってきてもらう遊びながらできるしつけは、選別持来と言い、愛犬の考えるチカラや判断力を育てる目的があります。

あるおもちゃに愛犬の名前をつけて教え、名前を呼びながら持ってこさせる遊びながらのしつけは、愛犬がおもちゃと名前を結び付けることができ、飼い主さんのしつけトレーニング意欲やモチベーションのキープにも役立ちます!

遊びながらできる犬のしつけ!知っておきたい注意点とは?

遊びながらできる愛犬のしつけは、遊びとしつけを両立させたバランス感覚が重要なので、どちらかに傾いてしまうと思うようにしつけができず、愛犬が混乱する原因になることがあります。

ここでは飼い主さんがついしてしまいやすい、遊びとしつけのバランスが乱れた事例と注意点について見ていきましょう。

引っ張り合いばかりの遊び

おもちゃやおやつの引っ張り合いばかりをしてしまうと、長い興奮状態の原因となる交感神経ばかりが優位に立ち、犬の落ち着きを取り戻すことが難しくなってしまいます

引っ張り合いっこの遊びながらできるしつけを行う際には、引っ張る手を止めて様子を見たり、褒めておやつを与えるといったメリハリをプラスするようにしましょう

飼い主さんばかりが愛犬を追いかける遊び

遊びながらできるしつけでは、飼い主さんが一方的に愛犬を追いかける方法はタブーと言われているんです。

この理由は、愛犬を追いかけてばかりでは犬が好きなように自由に振舞い過ぎてお散歩中の事故やいきなりの飛び出し・飛びつきなどのトラブルにつながることがあるため。

また飼い主さんが愛犬を追いかけてばかりだと、「ちょうだい」のしつけのタイミングが上手くつかめず、結果的に愛犬もおもちゃやおやつを放すタイミングを逸して離さない放さない状態に変わってしまうのです。

飼い主さんが愛犬を追いかける遊びながらのしつけを行う際には、

ポイント

  • おもちゃやおやつを持って飼い主さんが犬から逃げる
  • 犬が飼い主さんを追いかけたくなるような行動、コマンドを心がける

ことがポイントですよ。

おわりに

愛犬と遊びながらできるしつけは、飼い主さんのストレス過多や神経質なメンタル面になってしまうのを予防する役割もあります

愛犬の問題行動が気になるときにこそ試してほしい遊びながらできるしつけで、愛犬の新たな長所をいくつも見つけていってくださいね!

 

「自分と愛犬にあった効果的なしつけトレーニングをやりたい!」

という方は、ドッグスクール東京DOGSでもしつけトレーニングをやっておりますので、お気軽にご相談ください!^_^

店舗見学、お問い合わせは無料です。

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング

無料のLINEお問い合わは下のボタンをタップ!

東京DOGS公式HPは下のボタンをタップ!

人気記事ベスト3

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 1

ゆうとこんにちはドッグトレーナーのゆうとです! 今回は愛犬の食糞の改善方法について解説していきます! 保有資格:日本警察犬協会公認ドッグトレーナー、ジャパンケネルクラブ公認ドッグトレーナー 愛犬の食糞 ...

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 2

ゆうとこんにちは! 東京DOGSドッグトレーナーのゆうとです! 今回は現役プロドッグトレーナー として活動している、僕が思う「良いドッグトレーナー の選び方」をお伝えしていきたいと思います! よろしく ...

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 3

ゆうとこんにちは。 ドッグトレーナーのゆうとです! 東京、埼玉を拠点に警察犬、家庭犬のしつけトレーニングをしています! 保有資格:警察犬協会公認訓練士 JKC公認ドッグトレーナー 実績頭数:3000頭 ...

© 2023 東京DOGS 褒める犬のしつけトレーニング Powered by AFFINGER5

Call Now Button