犬が物音に吠えるのはコレが原因!犬の気持ちと最適なしつけ策を解説します!

犬がちょっと物音を聞き取っただけでも激しく吠えてしまう…。

愛犬のそんな状態は、まわりへの近所迷惑になるのではないか、また愛犬の精神状態にも不安を感じてしまうものですよね。

今回は愛犬がささいな物音に過剰に反応してしばらく吠え続けてしまう際の心理的な原因と、犬の気持ちに寄り添った最適なしつけ策を解説!

いつも愛犬と飼い主さんが穏やかに安心して過ごせるための対処法をぜひ参考にしていただければと思います。

犬が物音に吠えるのはなぜ?犬の気持ち検証してみた!

決してリスキーなことは何もないのに、愛犬が物音がするだけで落ち着きがなくなり、激しく吠えてしまう…。

普段は穏やかな性格の愛犬が、物音ひとつに長く吠え続けてしまうと、どんな原因があるのか早めに把握しておきたいものですよね。

ここでは犬が物音に吠えてしまう際の、気になる心理的な理由に迫ってみたいと思います。

物音に恐怖を感じているため

人間にとっては、サイレンや雷、インターホンなどの物音は日常茶飯事で聞き慣れている音でも、犬にとってはそれが大きな恐怖の対象となることがあるんです。

特に臆病な性格の犬は、子犬や成犬にかかわらずにスマホやお風呂のアナウンスなどにも過度に反応してびっくりし、怖い気持ちを発散させるために大きな声で吠えてしまいます。

このような日常的な物音に、犬が強い恐怖を感じると、体毛が逆立ったり体が細かに震えてしまうケースもあるため、決して一時的なものだと楽観視しないように注意しましょう。

物音に対しての威嚇で吠えてしまう

犬が物音に敏感に反応して大きな声で吠えてしまうのは、威嚇によるものも原因のひとつです。

犬はもともと、自分の縄張りを守りたいという「縄張り意識」意識が強い生き物でもあり、その物音によって大切なおもちゃが壊されてしまうのではないか、自分や飼い主さんが傷つけられてしまうのではないかと不安になり、恐怖を抑えることで吠え続けてしまいます。

物音で犬が吠えるのはその他にも、自分と飼い主さんを守ろうとすることが原因でもあり、自分のテリトリーを守る思いが強くなったり、気持ちが大きくなるので、物音が一時的に止んでからも吠え続けてしまうことがあります。

物音がすると嬉しくて吠えるケースも

犬が物音に対して吠えるのは、ポジティブな意味に受け取れる理由もあるんです。

もともと好奇心が旺盛で、新しいもの好きな犬は、物音を聞き取ると「何か楽しいことがあるのではないか?」と期待し、嬉しさのあまりに吠えてしまうことがあります。

物音がして犬が落ち着きなく走り回ったり、しっぽをぶんぶんと揺らしている場合は、恐怖や威嚇ではなく、これから何か楽しいことが起こるという、期待の吠えの可能性もあると認識しておくようにしましょう。

すると間違ったしつけをする未然の予防になり、犬の気持ちに寄り添った対応策を身につけて行くことができますよ。

犬が物音に吠えてしまう…安心させるためのしつけ方法まとめ!

犬はもともと吠えることで欲求を飼い主さんに伝える性質を持っているのですが、頻繁にある物音にいちいち吠えられてしまっては、飼い主さんの大きな負担になってしまいます。

物音に過剰に犬が反応せず、こういうものなのだと環境に慣れさせていくためにも、ここでは安心を取り戻すしつけ方法を一緒に学んでみましょう。

犬に外の様子を気づかせない、知らせないように工夫する

犬が物音を敏感に察知して吠えてしまうのは、外の世界や状態がリアルに受け取れる状態(吠えてしまう環境設定)になっていることもひとつの原因。

犬の物音に対しての無駄吠えをなくしていくために、外の状態がわからないようにカーテンをしたり、防音に特化したシートやマットなどを用いて、犬に外の世界を見せない、気づかせないように工夫をしてみましょう。

これが一番本質的で効果的にアプローチできるトレーニング方法

まずは、この環境設定を見直してみるべきです!

物音がしたタイミングでおもちゃやおやつを与える

ただ、日常的に頻繁にある物音を完全にシャットアウトするのは難しく、それなりの手間や労力がかかってしまうものです。

日常的な物音を犬にも慣れされ、恐怖や威嚇を嬉しさ・喜びに変えていくために、物音がしたタイミングで愛犬の好きなおもちゃやおやつを与えてポジティブな印象に変えていくのもしつけ方法のひとつ!

すると犬は、「物音は怖いものではなく、おもちゃやおやつをもらえるタイミング」なのだと認識して学習するようになり、万が一吠えたとしてもおもちゃやおやつを与えた後は本来の穏やかさを取り戻すようになるはずです。

愛犬の落ち着く場所を確保、誘導していく

愛犬が物音にびっくりして落ち着かなくなったら、飼い主さんはいつも以上に冷静にやさしい言葉をかけ、抱っこや頭をなでるなどのスキンシップを取りながら犬が落ち着くまで根気よく繰り返してみましょう。

また物音に吠えることを考慮して、早めに犬が落ち着くハウス・スポットを用意し、抱っこをしてそこまで連れて行ってあげることもポイントです。

犬は飼い主さんの接し方に何よりも安心しやすく、声掛けと頭をなでる・抱っこをする行動で徐々に落ち着きを取り戻すため、犬の威嚇や不安、恐怖心を癒す行動をとり除いてあげて様子を見ましょう。

~おわりに~

物音に対して犬が吠えてしまったら、それは犬が持つ本能のひとつだと気楽に受け止めて、お伝えしたしつけを繰り返ししていくことがポイントになります。

犬の物音に対する無駄吠え対策に役立つグッズなどもリサーチしながら、住まいの環境の見直し・改善をプラスして、愛犬と飼い主さんの安心の暮らしを取り戻してくださいね。

「自分と愛犬にあった効果的なしつけトレーニングをやりたい!」

という方は、ドッグスクール東京DOGSでもしつけトレーニングをやっておりますので、お気軽にご相談ください!^_^

店舗見学、お問い合わせは無料です。

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング

無料のLINEお問い合わは下のボタンをタップ!

東京DOGS公式HPは下のボタンをタップ!

人気記事ベスト3

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 1

ゆうとこんにちはドッグトレーナーのゆうとです! 今回は愛犬の食糞の改善方法について解説していきます! 保有資格:日本警察犬協会公認ドッグトレーナー、ジャパンケネルクラブ公認ドッグトレーナー 愛犬の食糞 ...

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 2

ゆうとこんにちは! 東京DOGSドッグトレーナーのゆうとです! 今回は現役プロドッグトレーナー として活動している、僕が思う「良いドッグトレーナー の選び方」をお伝えしていきたいと思います! よろしく ...

東京DOGS 褒めるしつけトレーニング 3

ゆうとこんにちは。 ドッグトレーナーのゆうとです! 東京、埼玉を拠点に警察犬、家庭犬のしつけトレーニングをしています! 保有資格:警察犬協会公認訓練士 JKC公認ドッグトレーナー 実績頭数:3000頭 ...

© 2022 東京DOGS 褒める犬のしつけトレーニング Powered by AFFINGER5

Call Now Button